思考

最近の研究で脳科学者が、脳は内分泌器官であり、それは私たちの行動に影響する多数の神経伝達物質を分泌するということを発見しました。

私たちの脳は、私たちを幸せにしたり、不安にさせたり、憂鬱にさせたり、恥ずかしがらせたり、眠くさせたりするホルモンを分泌します。

人によって異なった量や種類の神経伝達物質を作り出しており、例えばエンドルフィン(天然のドラッグのようなホルモン)をたくさん作り出している人は、わずかなエンドルフィンを作り出している人よりも、快楽感をより味わえるという結果が出ています。

実験によるとフローティングはエンドルフィンの分泌を増加することと同時にストレス関連化学物質(アドレナリン、ノルエピネフリン、ACTH、コルチゾールなど緊張、不安、イライラを起こし、さらにそれらは心臓病、高血圧、高コレステロール値を招きます)のレベルの減少を促進します。

一つの神経科学理論では「子宮の戻り」という解釈があります。妊娠している女性たちは通常のエンドルフィンレベルを8倍まで分泌することで、胎児は出生前に真の幸福を経験します。

フロートする人(フローター)が濃密で暖かい溶液で暗闇に囲まれて、動脈の流れが安定し脳がエンドルフィンを放出している時は潜在意識の記憶が引き出される可能性があります。