タンク内の衛生管理法

タンク内の水は汚れの全くない衛生水です。1日に複数回、微生物や汚れを取り除くフィルターを通ることで作られています。フィルターシステムと濃縮されたエプソムソルト溶液がもたらす自然消毒の特性をあわせて使用することは、世界中のこれ以上ない清潔さと安全性を感じることができます。タンクの中でフローティングすることは、公共のプール施設や水道水を使用したお風呂に入ることよりも数倍安心できるといえます。

1.高塩効果

タンクの中の水は約40%の硫酸マグネシウム(エプソムソルト)がはいっており、水を滅菌します。10%以上の塩濃度になる一切病原性物は生存することができません。

2.フィルターシステム

水全体が覚フローテーション後、0.5ミクロンフィルターを3回通ることで人間の髪より100倍も細かく濾過されています。また、完全に水面も清潔に保つためスキマー塔も使用します。

3.化学

私たちは、タンク内のpH値、アルカリ度、浮力、そして温度を常に測定しメンテナンスしています。更に無毒な殺菌消毒剤として過酸化水素も使用しています。清潔な水を保つため、主なフィルター装置は交換可能なフィルターバックが入った、美しいオーダーメイドのステンレス製の装置です。高塩効果により滅菌しきれなかった菌が強力なUVライトにより更に殺菌され、ミクロフィルターの設置と塩素と過酸化物を投与するための2連の制御可能な化学蠕動ディスペンサーポンプが設置されていることで水を清潔な状態へと作り出します。前もってタンクのコンピューターで 投与量が5ccに設定してあります。更に必要だと見なされれば、手動で過酸化水素や塩素の投与量を変更することも出来ます。業界基準では、各フローテーション後に約5ccの過酸化水素を投与することが定められています。