スポーツ療法

アスリート達にとって体力の回復は必要不可欠なことで、そのため二十数年も前からエプソムソルト入りのお風呂の効果が高いと好まれ、使用されています。

私たちが使用するタンクの中には500kgものエプソムソルトが入っています。

考えてみてください、それがどれほどのすばらしい効果があるのかを。

1980年代頃より世界中のアスリート達が筋肉痛や筋肉硬直を和らげ、痙攣の予防をし、怪我の治癒力を高め、疲労回復のスピードアップなど、スポーツの実績の向上のためフロートタンクを使用しています。

フローテーションセラピーをするととても良い疲労回復がみられ、それだけでなくハードなトレーニングをする前や試合前などにタンクに入ることで、持久力をのばしたり集中力を高める効果があります。

事前準備として

スポーツをする前、試合前などにタンクに入ることでイメージトレーニングが強化され、集中力が高まりより良い体制となります。

アフターケアとして

コルチゾールレベルを下げることでストレスを軽減することができ、特に次の試合やトレーニングまでの期間が短くても体力と精神を回復させる効果があります。

どのようにしてこのような効果が現れるのか?

フローティングすることでなぜ早い回復力と高い治癒力が得られるのかというと、完全にリラックスした状態が作り出され、リンパと血液循環の機能が最大に動きだし、やがて身体は本来持っている力により自然治癒力が引き出されるからです。また、エンドルフィンレベルが高まるので、慢性的な痛みを取り除くにはとても効果的です。

高い塩の濃度はアスリート達の怪我のリスクを劇的に最小限に抑えるように筋肉を緩めるため、このセラピーは怪我の予防にはとても好結果を残しています。

過剰にトレーニングした場合、嫌気性解糖の成分により筋肉に有毒な乳酸が作り出されます。フローティングすることで乳酸の生産を減少させます。

フローテーションセラピーは早い割合で体力の回復を行うだろうと言えます。

サッカー界で3番目に稼いでいたと言われるマンチェスターユナイテッドのMFのワイン・ルーニーは自身のフロートタンクを所持しており、怪我の治療などのため、長時間タンクの中で過ごしていました。そして一般的な治療期間よりも早く回復していたため、トレーニングにすぐ戻り試合でプレー出来ていたそうです。

トム・ブレイディはアメリカンフットボール、ニューイングランドのペイトリオッツでQBで活躍していましたが、

彼もまた自身のタンクを所持しており、頻繁にフローティングをしていました。

彼は彼のチーム全体にフロートすることを勧め、実際行い、彼らは2014年のスーパーボールのチャンピオンになりました。

彼らの秘密兵器はフロートタンクだったのではないでしょうか?

これらは試合前の準備や体力の回復など、習慣の一部としてフローテーションを使用しているスポーツ界の有名人やチームの少しの例に過ぎません。

ここ1年の間に、格闘家、ボクシング選手、アメリカンフットボール選手、ナショナルフットボール選手、ラグビー選手などがフローティングすることを、療法に加えています。