フロートとは

フロートとは私たちの肉体、思考、そして心を癒してくれる極上のリラクゼーション法のことです。フロートセラピーとは、限局環境刺激法略して『R.E.S.T』と呼ばれる深いリラクゼーション革命的な科学結果に基づいたセラピーです。フロートは毎日の外界からのストレス要素や私たちの肉体や思考に影響する刺激などを制限したり、排除したりすることができます。外界からのストレス要素や刺激などを私たちはあまり認識していませんが、これらは通常、肉体的、精神的なエネルギーの95%を費やしています。

重力

タンクの中の濃縮されたエプソムソルト溶液は私たちの肉体や思考を重力から解放し、無重力環境を作り出します。

温度

タンクの中の溶液は、皮膚温度に保たれているため、神経系と脳を絶えず続くストレス要素から解放します。

触覚

溶液は、皮膚の下の何百万もの敏感な神経末端に接触しても、皮膚と同じ温度のため、身体と周囲(溶液)との境目がなくなります。研究によると触覚刺激の減少は深いリラクゼーション状態への重要な役割を果たし、その役割が完全に身体が感じる周囲との境目をなくします。

視覚と聴覚

光と音が完全に遮断されたフローティングを行うことで脳の大部分が行う感覚情報の処理過程から解放され、さらには深い精神的なリラックス状態の増大を促進します。フローテーション『R.E.S.T』は自然に身体が深いリラクゼーションの反応を起こすようになり、あなたの肉体も思考も自然に深くリラックスできるようになります。フローティングをしている間は、脳がゆっくりとシータ波になり静穏で独創的な脳になり、とても深くリラックスしている状態になります。シータ波とは、脳がレム睡眠(夢)、催眠、瞑想、また、独創的で洞察力のある状態であることを示します。シータ波は就寝直前と起床直前の薄明状態のことであり、意識と潜在意識の境目に存在しています。眠っていないとこでもシータ波を使用することになると、通常近づきにくい強力な私たち自身の潜在意識に影響したり近づいたりすることができます。シータ波が出ている状態の間は、思考が深い学び、治癒力、自己の成長を高めていくことと、自分自身が心身共に一体となり、本来の自分へとなります。

タンクの衛生面

コンピューターで制御する衛生管理法。

タンク内の衛生管理法

タンク内の水は汚れの全くない衛生水です。1日に複数回、微生物や汚れを取り除くフィルターを通ることで作られています。フィルターシステムと濃縮されたエプソムソルト溶液がもたらす自然消毒の特性をあわせて使用することは、世界中のこれ以上ない清潔さと安全性を感じることができます。タンクの中でフローティングすることは、公共のプール施設や水道水を使用したお風呂に入ることよりも数倍安心できるといえます。

1.高塩効果

タンクの中の水は約40%の硫酸マグネシウム(エプソムソルト)がはいっており、水を滅菌します。10%以上の塩濃度になる一切病原性物は生存することができません。

2.フィルターシステム

水全体が覚フローテーション後、0.5ミクロンフィルターを3回通ることで人間の髪より100倍も細かく濾過されています。また、完全に水面も清潔に保つためスキマー塔も使用します。

3.化学

私たちは、タンク内のpH値、アルカリ度、浮力、そして温度を常に測定しメンテナンスしています。更に無毒な殺菌消毒剤として過酸化水素も使用しています。清潔な水を保つため、主なフィルター装置は交換可能なフィルターバックが入った、美しいオーダーメイドのステンレス製の装置です。高塩効果により滅菌しきれなかった菌が強力なUVライトにより更に殺菌され、ミクロフィルターの設置と塩素と過酸化物を投与するための2連の制御可能な化学蠕動ディスペンサーポンプが設置されていることで水を清潔な状態へと作り出します。前もってタンクのコンピューターで 投与量が5ccに設定してあります。更に必要だと見なされれば、手動で過酸化水素や塩素の投与量を変更することも出来ます。業界基準では、各フローテーション後に約5ccの過酸化水素を投与することが定められています。